創業者の株式に関する取決め

(会社設立手続き等)

創業者の株式に関する取決め(コーポレート関連法務)

主なサポート内容創業者等の株主間契約書の作成・サポート、契約交渉のサポート

  • 会社を設立するにあたって、出資者や共同経営者として仲間を募り、株式を持ち合うことはよくあります。その際に、あらかじめ創業株主同士で株式に関する取決めをしておくことは重要です。例えば、誰かが辞めた場合において、残る創業者が、辞めた人の株式を一定の条件で買い取ることができる旨をあらかじめ合意しておく等の取り決めをしておくのです。

    これにより、例えばビジネスの方針の違いや家庭事情等により創業者の一人が会社を辞めざるを得なくなった際、株式の買取価格で創業者同士が揉めてしまうといった事態を回避することができます。

    創業者間契約書の作成にあたっては、誰が買い取るようにしておくべきか、いくらで買い取れるとしておくべきかなど、様々な検討すべきポイントがあります。

    当事務所では、依頼者様の状況に応じた適切な法的アドバイスを通じて、企業の創業株主間契約書の作成をサポートいたします。

  • 創業者の株式に関する取決め
お問い合せ
Contact

ベンチャー企業サポートに関する無料相談のご予約はこちら

お問合せはこちら 携帯からもOK!24H受付、土日も相談可能:tel:0120-525-627

法務サービス一覧

未上場の企業様

for UNLISTED CORPORATIONS

創業をお考えの方

for VENTURE START-UP

ベンチャーキャピタル様

for VENTURE CAPITAL FIRMS

法務サービス